2月16日 親子二世代のウエディングをプロデュースしました

2020年2月17日

弊社代表 安部トシ子がウエディングプロデュースを行いましたお客様をご紹介します。

そのお客様のお父様、お母様とは、35年前からのお付き合いになります。当時、安部はウエディングドレス選びを担当していました。
それから25年が経ち、今度は銀婚式のプロデュースを担当。
そこからまたご縁が結び、昨日はご長男の結婚式のフルサポートをすることになりました。

今からちょうど8ヶ月間前、200名のゲストをご招待する会場探しからスタート。その後、試着や打合せにも同行しながら、準備のフルサポートを行い、ホテルオークラで行われた披露宴は、笑顔あふれる時間となりました。

親子二世代に渡り人生の大切な節目を担当できることは、とても光栄なことです。
オフィース・マリアージュは1983年に創業し、9月で37周年を迎えます。

これからも、素敵なご縁に出会えますように・・

 

花嫁相談室の「ご相談レポート」でもご紹介中

「親子二世代のウエディングプロデュース」